メールの攻略

出会い系サイトのメールは、相手に対する第一印象であり口説くための大事なものです。

じっくり内容を練って丁寧に作成しましょう。

メールのマナーを守り、しっかりと内容を吟味して好感度が高く相手の気を惹ける、印象に残るメールを書くことが出会いの第一歩です。

出会い系メールの基本

件名をしっかりと書く

件名が空欄だと受信側は気味が悪いものです。

又、内容に対する返信であれば、たまには『Re』も有りだと思いますが、基本的にはそのその時その時でタイトルもしっかりと考えて、誠意を見せましょう。

名前を名乗る

当たり前です。

『○○さんこんにちは。□□です。』というようにメールでは冒頭に挨拶と合わせて名乗るのが好まれるようです。

挨拶をする

これも当たり前です。

「こんにちは」「こんばんは」だけでなく、天気やその他の事も一言つけると好感をもたれます。

又、挨拶だけで長くなりすぎるのには注意しましょう。

挨拶だけで長くなり過ぎると『何が言いたいの?』となりまねません。

改行を入れよう

PCメールの場合は改行無しだと非常に読みづらくなります。

携帯メールの場合は改行を入れすぎるとかえって読みずらくなりますので、端末に合わせて読みやすい程度に改行を入れるようにしましょう。

PCメールは最大で35文字くらいが標準的な考えです。

機種依存文字は使わない

メールの内容に文字化けがあると気味が悪いものです。

機種依存や特殊文字を使う場合は、相手の端末を確認した上でそれに見合った互換情報を入手して利用するようにしましょう。

常識的な範囲の言葉遣いで

敬語は行き過ぎかも知れませんが、慣れるまでは丁寧語でメールを書きましょう。

特にメールでのいきなりタメ口、呼び捨て、横柄な言葉遣いはものすごく気分悪いです。

相手の方が年下の時でも、慣れるまでの最初は丁寧語を使うようにしましょう。

自分の自己紹介を先に

アプローチする側が先に自分はどんな人間かを自己紹介するのが普通であり常識人です。

メールに自己紹介がなかったら、誰も返信しようとは思わないことでしょう。

コピペはしない

コピペはは避けましょう。

文章の前後がかみ合ってなかったり、おかしいメールを時々見かけます。

又、相手の年齢やタイプによっても表現を変えた方が効果的な場合も多いですので、特にメールの場合はコピペを避けしっかりと考えて書くようにしましょう。

絵文字を多用しない

ギャル文字や小文字多用はNG。

顔文字は好き嫌いがあります。

使ったとしても1~2個。

多用は避けましょう。

また、ギャル文字や小文字(ぁたしは、優しぃといゎれます)も使うべからず。

メールで小文字や顔文字満載が満載されていると、受け取る側によっては常識を疑われ手しまいますので注意しましょう。

お互いにメールに慣れた後、相手との相性でギャル文字や小文字好きなら全然問題ないとは思います。

出会い系メールの心得

ポジティブに

意思や内容を伝えるときにおいて、言葉選びは重要なポイントとなります。

一般的にもそうですが、ネガティブな考えの人とは出会いたくありません。

言い回し一つでほとんどの事象がポジティブにも表現できるものです。

同じ内容を書くにしてもポジティブに聞こえる表現にしてメールを書きましょう。

自分の意思を書く

100%相手に合わせたメールを書く人がいるようですが、それでは自分の意思は伝わりませんし、意思を書かないメールは相手にもなにも訴えません。どういう出会いにしたいのか、どういう異性を探しているかなど、自分の意思もしっかりと書くことにより高感度がアップします。

共感できた点を書く

プロフィールやメッセージを読んで共感できた点を書く。
(いいなりではなく自分の意見も書く。)

メールを受け取った相手が「共通点も多し、私のことを気にいってくれたんだ・・・この人とは話が合いそうだな」と思わせたらしめたものです。

自信のあることと書く

女性、男性を問わず自信を持ってる人には惹かれてしまいます。

自分の自信のある所はアピールポイントとしてしっかりとメールに書きましょう。

但し、自信過剰は嫌味になり相手を引かすことになりますので、好感が持てるレベルで出すぎず引きすぎずで適度な表現にするようにしましょう。

何を書いてもOK?

「何を書いてもOK」ではなく『何を書けばOKなのか』をまず考える必要があります。

返事をもらう事が目的であり相手が返事をしようと考えさせる事が目的ですので、その相手に対して『何を言ったら』『どういう言い回しをしたら』などをしっかりと考えてメールを書きましょう。

出会い系メールの注意事項

プライバシーに関わることを聞くのは避ける

プライバシーに関する事は相手が望んでない限り、仲良くなってから徐々に聞きましょう。

電話番号、携帯アドレス、会社名、スリーサイズ・・・常識を疑われないようにしましょう。

丁寧語が基本

メールは顔も合わした事もない初めての人に送るものです。

常識を疑われない為にも始めは丁寧語からスタートしましょう。

アクセントお付けるために、丁寧語をベースに一言ちょっと崩して見るのも手かもしれないです。

自己完結型にはしない

自己完結型のメールに対しては、返事が異様にしにくくなります。

自分の言いたい事だけを書いたメールには、何を返事すればいいのでしょうか?

あくまでも会話をしているのと同様に、相手に言いたい事を言いながら聞きたいことを聞き、相手がお話をしてみたいと思うような流れにする必要があります。

雰囲気、空気を読む

まずは相手の事を知り考えましょう。

相手のプロフィールや自己紹介を読んで、相手はどんなタイプか?、共通点は何か?、相手が何を望んでいるか?どんな異性が好みか?などをしっかりと考え認識しましょう。

その上で相手が気にしそうな、印象に残りそうな内容や言い回しを行いメールを書くことが出会いへの近道です。

携帯とPC

携帯とPCではメールの書き方は全然違ってきます。

携帯の人に短文で改行を付けると読みづらくなりますし、PCでは逆に抵当に改行を入れないと読みづらくなります。

PCの場合は常に端末を開いていることは出来ませんので、返信が多少遅れる事も問題ないですが、携帯で1、2日も放っておくとギクシャクしていきます。

要は、相手のインフラに合わせた書き方とタイミングを取ることが必要だということもしっかりと念頭においておいて下さい。

基本はPCに人はPCの人と、携帯に人は携帯の人とです。

自分のプロフィールも一緒になって届く

サイトによっては、事前に登録した自己紹介のアドレスと一緒にメールが送られる場合があります。

事前登録のメッセージはある意味万人向け、ここでのメールはあくまでも、送信する相手に対してのオリジナルを一から作成するぐらいの勢いで相手に合わせ、共感してもらいその人の心にダイレクトに届くようなメッセージにする必要があります。

送信のタイミング

相手の方が新規の方の場合は一番最初を狙い、できるだけ早めにメールをしましょう。

新規の方の場合には特に、はじめの頃のメールへの反応が良いようです。

又出遅れた場合には、異性からのメールが一段落したころに『まだお決まりでないですか?』などと出すのも効果的です。

いずれにせよ、人と同じタイミングで同じ事をしても、その他大勢のなかに埋もれてしまう事を念頭においておきましょう。

送信前の再確認

文字だけのやりとりっていうのは、本当はとても難しいことだと思います。

一般の掲示板などでもでも何気なく言ったひと言が誤解を呼んで、大騒ぎになることも多いです。

相手によって受け取り方が異なるのをしっかりと意識をして、特にメールは慎重すぎるくらいの注意が必要です。

よくよく読み返してみると『おかしい』『恥ずかしい』何てことを平気で書いているときもあります。

メールは気心知れた相手に送るものではないから、特に慎重を心がける必要があります。

送った後に取り消しはできません!また、一度書いた後に、時間をおいてからチェックしなおすのも手です。

時間をおくことで冷静に客観的に読め、表現などの間違いなども修正できる可能性が高くなります。

もちろん、誤字脱字のチェックもしておきましょう。

出会い系メールのセキュリティ

インターネットが一般化しまたウイルスが流行っている最近では、インターネットを行う人の愛でのセキュリティ的な常識・モラルというものができました。

ここをはずすとインターネット時代の常識の無い人で弾かれてしまいます。

メールのマナーを守り、時には逆手にとって出会いの一歩であるメールを攻略しましょう。

最低限のマナーとルールで、少なくとも相手に迷惑をかけることはなくしましょう。

添付ファイルを送らない

いきなり添付ファイルがついてきた。

通にメールを仕事等に使っている人はウイルスかなと思ってしまいます。
(実際JPEGの画像にもウイルスを仕込む事は可能です。)

添付ファイルを送る必要がある場合は、メールでは送らず相手の了解を取ってから送信するようにしましょう。

ウイルスチェック

ほとんどの人はパソコンにウィルスソフトを入れていると思いますが、ウィルスメールを相手に送りつけないようにしっかりと事前にチェックしましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ